おすすめデビットカード 住信SBIネット銀行 ミライノデビット

デビットカードお金の知識

今回は私が日頃お世話になっているデビットカード、「住信SBIネット銀行 ミライノデビット 」をおすすめしたいと思います。

クレジットカードマニアと言うわけではありませんので他社のデビットカードと細かい比較はしませんが、かなり使い勝手の良いカードでおすすめなのでデビットカードの発行を検討している人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

デビットカードとは?

そもそもデビットカードを知らない人に少し説明します。

クレジットカードの場合はクレジットカードで買い物をすると、カード会社が一旦立て替える形でお店に料金が支払われるため利用者が現金で支払わなくても買い物ができます。その後にカード会社が利用者に請求をします。クレジット=信用と言うわけですね。

一方、デビットカードは使うと利用者の銀行口座からすぐに使った金額が引き落とされます。カードにVISAやJCBのロゴが入っていてもそのカード会社が一旦支払ってくれるわけではありません。自分の銀行口座にある金額の範囲で買い物ができるカードです。

VISA、JCB、MasterCardのロゴは入っていますが加盟店で使えるというだけです。

銀行口座のキャッシュカードにデビット機能を追加で申し込むとVISA、JCB、MasterCardのロゴが入り、デビットカードとして使うことができます。キャッシュカードとデビットカードは1枚二役で使えます。

スポンサーリンク

審査は?

デビッドカードの発行にはクレジットカードのような厳しい審査はありません。

今回おすすめする住信SBIネット銀行はデビットカードの説明欄にある申し込み条件として、

「当社に口座を開設いただいている個人・法人のお客さま ・日本国内に居住されている 15 歳以上の個人のお客さま」

と記載されてますので住信SBIネット銀行の場合は、住信SBIネット銀行に口座を開設していて15歳以上なら誰でも作れると言うことになります。

スポンサーリンク

なぜおすすめなのか?

なんと言っても現金を使わないと言う点です。コンビニやスーパーで買い物をする時に小銭を出したりする手間がなくなるのでスマートに買い物をすることができます。手数料も当然かかりませんし、むしろポイントが付くので得しかありません。

使った分は直接銀行口座から落ちますので、アプリやサイトで管理しておけば、いつ、何を買い物したかもわかりやすくなります。口座の残高分しか買い物できないので使いすぎる心配もありません。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行を使うメリット

なぜ私が住信SBIネット銀行のデビットカードを使っているかと言うと、深い意味はありませんが(笑)、住信SBIネット銀行の振り込み手数料が他の銀行より安かったり、その中でもATM手数料が預入れで無料な点が良いですよね。例えば同じネット系の銀行の楽天銀行では3万円未満を預け入れるのに手数料が220円もかかります!自分のお金を預けるのに手数料がかかって、しかも引き出す時にも手数料がかかるなんて信じられません!なので楽天銀行のデビットカードも保有していますが楽天銀行自体ほとんど使っていない状態です。

先ほども触れましたがデビットカードで買い物をするとポイントが貯まります。住信SBIネット銀行だと0.8%が付与されます。1000円使うと8ポイントがもらえて、貯まったポイントは500ポイントになると現金に交換することができます。これって現金で買い物してるともはや損ですよね。

スポンサーリンク

デビットカードってどこで使うの?

デビットカードをどこで使うのか、についてはもちろん普段の買い物で使うことができます。ネットショッピングのAmazonでも楽天市場でもクレジットカードとして使えますし、今ではネット通販で支払い方法にクレジットしか使えない店舗もあるくらいです。

VISA、JCB、MasterCardの加盟店ならほとんどどこでも使えるのでクレジットカードが発行できない、なんて人は1枚は持っておきたいですね。

PayPayの引き落とし先にも設定できるので、PayPayの決済のポイントとデビッド利用のポイントと二重でポイントをゲットすることができます。

スポンサーリンク

デビットカードのデメリット

私の経験からするとガソリンスタンドでは使えませんでした。同じような体験談をネット上でも見かけるのでやはり使えないのでしょう。

車関連で言えば、追加でETCカードを発行することもできません。ETCはクレジットカードを発行しないとダメみたいです。

iPhoneのWalletにも登録ができませんでした。ApplePayで使えるかなと思って設定しようとしましたがカードを登録することができませんでした。

もしできる方法があるならコメントなどで教えて頂きたいです!

ブラックリスト目線でのデメリットは「クレヒス」は作れません。審査は関係ないのでデビット カードで買い物をして自分の口座から引き落とされてもクレヒスにはなりませんので間違えないようにしましょう。

金融事故を起こし、いわゆるブラックリスト状態の私自身が新たなクレジットカードを作ることができなくて、今使っているクレジットカードも限度額いっぱいに使っていて肝心な時に使えないのでデビットカードには助けられる場面も多かったです。

アメックスも発行できましたが身の丈にあった使い方が一番ですね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました