Apple WatchってFXに使える? 前編

Apple WatchでFXFX

先日の記事「FX初心者におすすめの本 3冊」でもFXについて書きました。

FXをやっている人なら誰しも気になるのがリアルタイムの値動きですよね。のめり込むと仕事中もFXのことが頭から離れることはありません。なのでどうにか仕事中も値動きが分かる手段がないかなと考えていたところにApple Watchの利用を思いつきました。

Apple Watch SE 44mm ブラックスポーツバンド GPSモデル スペースグレイアルミニウムケース MYDT2J/A
スポンサーリンク

今回はFXをやっている私がApple Watchを購入して使ってみた感想を書きます。

私がFXをやるのにApple Watchを購入して良かった点、失敗だった点について書きますので同じようにApple WatchでFXってどうなの?と思っている人に是非参考にして頂きたいです。

まずは前編として失敗した点をお話しします。

スポンサーリンク

失敗した点①

これは私の購入前のリサーチ不足がそもそもの原因ですが、Apple WatchにはGPSモデルとGPS+Cellularモデルがあります。簡単に説明すると、GPSモデルはiPhoneと常にセットでBluetoothの届く範囲内の近くにないとiPhoneの通知をApple Watchで受け取れません。GPS+CellularモデルはApple Watch単体で通信できるので近くにiPhoneが無くてもiPhoneに届く通知をApple Watchで受け取ることができます。

つまり常にiPhoneをポケットに入れていたりすぐ近くに置いておける状況ならGPSモデルで全く問題ないのですが、例えばiPhoneを持ち込めない職場や学校だとiPhoneとApple Watchの距離が離れてしまうと通知はApple Watchに来ません。しかもApple Watch単体で通信が出来ないので肝心な値動きは全くわかりません。私の場合はたまにジョギングをするんですが、その時にもApple Watchはもちろん着けて走りに行きます。

購入前までは「ジョギングしながらFXの値動きもチェックする俺って出来る男みたいやな」なんて妄想していました。が、iPhoneを家に置いてApple Watchだけ着けてジョギングに行って出来ることと言ったら、時間とどれくらい運動しているかのアクティビティくらいです。

FXでポジションを持ってたりどうしても値動きを把握したい時はiPhoneを持って走りに行くこともありましたが、そうすると「iPhone邪魔だし、なんならApple Watchも着けてる意味ないし・・・」という本末転倒な事実に気がついてしまいました。

スポンサーリンク

失敗した点②

値動きはわかってもApple Watchでは注文できません。値動きを確認して狙っていたポイントでApple Watchから決済!・・・できません。

Apple Watchで注文ができるFX会社もあるようですがほんの限られたとこだけのようです。私の利用しているところは注文どころかApple Watch向けのアプリすらありません。またできたとしても細かい指値注文、IFD、OCOなどはApple Watchからは操作できないと思っていた方が良いです。

これも購入前の確認不足かもしれませんが、ちゃんと教えれくれるサイトもあまりなかったように思います。

次回後編で良かった点と結局どうなのかについて書きます。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

続きはこちら「Apple WatchってFXに使える? 後編

       ↓こちらの記事もどうぞ↓

AppleWatchの文字盤に株価や為替レートを表示させるには?

コメント

タイトルとURLをコピーしました